採用アプリで創出するスマホ世代との深いつながり

採用活動の有効ツールとして、採用アプリを導入する企業が増えています。

今回は、採用アプリが企業の採用活動でどのように活かされているか、

どのようなメリットが見込めるのかを見ていきたいと思います。

スマホ就活に合わせた採用アプリが増加中

若者の生活とスマホの密着度は高く、

就職や転職活動でもスマホ活用が浸透しています。

就活ナビサイトやWEB検索によって情報を得ているわけです。

これまではブラウザやナビサイトのアプリ経由という情報収集が主流でしたが、

そこには、どうしても大多数の企業候補の中の一社という条件がつきまといます。

近年、若者が日頃から使い慣れている「アプリ」に着目し、

企業独自の採用アプリを使って、採用活動を進める企業が増えています。

エントリー、会社説明、職種や制度の説明、社員紹介、

人事ブログやイベントとの連携など、自社採用/就職に必要な情報が盛り込まれているようです。

画像や動画映像などを取り入れることで、自社理解を深めるとともに、

ブランディング効果も期待できます。

タップだけで、企業情報にたどり着けるアプリの手軽さは、

求職者を自社に惹きつける有効なツールとなっているようです。

 

採用アプリのメリット

採用アプリのメリットは、馴染みがあり手軽に使えることだけでないようです。

採用プロセス上で学生がいつも身近になる

アプリであればプッシュ通知で、新しい情報や連絡も逃さず見てもらうことができます。

有効な情報であるほど、その都度、求職者の自社に対するエンゲージメントが高まる期待が持てるでしょう。

求職者が自社情報に触れる間、他の選択肢(他社)がないため、自社理解度を深くする効果もあるようです。

よく知られていない業界や職種も、

アプリの身近さをきっかけに求職者を引き込むことができている例もあります。

 

採用活動の効率化と補完力

広く情報を告知するナビサイトと、自社情報しか載っていないアプリ導入の目的は大きく異なります。

採用活動のどのタイミングでアプリのダウンロードを促すかが大きなポイントです。

LINEを使った友達登録も同様で、

求職者が行動を起こすきっかけとなる何らかのインセンティブが必要になるでしょう。

自社に初期的な興味を持ってくれた人に、アプリで特別なコンテンツを届けるという施策も有効です。

うまくアプリ展開ができると、応募、選考、面接などのプロセス上で必要とされる、

お互いの情報や資料のやり取りなども効率的に行えるようになります。

アプリは、企業と求職者をしっかりと「つなぐ」ツールとして活躍してくれるのです。

 

トラッキングできる

アプリのトラッキングによって、興味・関心、状況を測ることも可能になります。

採用側も内容とタイミングを合わせたアプローチができるようになり、

1to1により近い感覚でのやり取りも実現できるのではないでしょうか。

課題は、制作コストがかかることや、アプリのダウンロードに対するハードルです。

制作に関しては、手軽にアプリが作れるサービスが出てきていますし、LINEのような既存サービスを活用してもいいでしょう。

また、アプリ限定の情報発信や、応募をアプリ限定にするなどのダウンロードを促す各社の工夫も見受けられます。

ただし、本質は求職者にとって魅力的なコンテンツやコミュニティをどう作っていくかかかっていると考えるべきでしょう。

デザインやコンテンツでのブランディング効果も見込めますし、

ダウンロードされたあとに深い接点が得られる点は、一考の価値があるのではないでしょうか。

Scroll Up